Fa*Faフードブログ

Fa*Faで販売しているBig WooDの商品についての詳細、お客様体験記、既存商品・新商品のご紹介など
  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) -- --:-- | スポンサー広告

☆ドッグフードへの疑問TOP5~第1章~☆

ドッグフードにまつわる疑問点の中で、特にここ最近浮上しているTOP5をまとめました。

まだ、現時点では少数派の疑問点にすぎませんが、徐々に増えつつある、注目すべきものばかりです。
Fa*Faのお客様のには、このような疑問をお持ちの方も多いと思います。


1, ドッグフードには本当に正確な製造年月日が入っているのですか…?
外国から輸入されるドッグフードは、日本国内でリパックされ
その日付が製造年月日として記載されているケースがあります。


2, 外国産ドッグフードは、国内でリパックされていると聞きましたが…?
外国から船便で輸入されるドッグフードは、海の上で赤道直下を1ヶ月半以上かけて輸入されるものが多く
さらに、輸入されてから空気にさらされて国内でリパックされるケースが多いのです。


3, ほとんどのドッグフードは、何故1年も保存期間があるのですか…?
輸入ドッグフードは、大きな倉庫でかなりの種類と量の在庫を抱えているケースがあり
温度管理もなされないまま、在庫期間が長期になってしまうケースがあるからです。


4, ドッグフードはどの様に作られているのでしょうか…?
ビタミンは60℃から壊れ始め、100℃で無くなります。
酵素は40℃で壊れ始め、70℃で無くなります。
水溶性ビタミンは、お湯に溶け出して無くなります。
ほとんどの場合、125℃以上の熱をかけて作られるドッグフードですが
このような調理の仕方では、食材の栄養素が壊れています。
ほとんどのドッグフードが茶色に出来上がってしまうのは、高温処理されているからなのです。


5, 無添加ドッグフードの原料に、栄養素や分からない原料がたくさん書かれていますが、本当に無添加ですか…?
無添加ナチュラルドッグフードと謳われていても、栄養素としての添加物などが多く含まれているケースがあります。
その場合、原料表記に栄養源としても添加物が全て表記されていますので、ラベルの確認が必要です。




成長期から成熟期に入ったドッグフード市場において、パートナーの健康と長生きのヒントが隠されています。


第2章に続く…
スポンサーサイト

2011/08/19(金) 16 51:16 | 未分類

プロフィール

Fa*Fa キッチン

Author:Fa*Fa キッチン
ドッググッズショップFa*Faの
ワンちゃん用フード専門ブログです☆
ワンちゃんの手作りごはんはFa*Faにお任せ☆
Big WooDライセンス契約店でもあり
Fa*Fa本店では専門スタッフがキッチン内で
スパミールやスパポトフを作っています♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

検索フォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Copyright ©Fa*Faフードブログ All Rights Reserved
アフィリエイト Powered By FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。